読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(*^^*)

時間はたっぷりあるので。

初めての帰省

帰省期間中もやろうと最初は思ってたけど無理でした。ちょっとずつ追いついていこう。

中学の同窓会が一番楽しかったかな。まぁ懐かしさのせいではあるんだろうけど。

テニス部はいつもの優しいノリだった。春は全員で集まりたい。

帰省って楽しいな〜、

でも、やっぱり一人暮らしが気楽で好きだ。

ただ、大阪は寒い!

ナチュラルに歯がカタカタいうんだが(笑)

鹿児島はそこらへんはね。神気候なので。

冬は灰も市内来ないし。鹿児島はいいぞ。

 

鹿児島にいたときは鹿児島で働こうとは全く思わなかったけど、出てみると良さがわかってきて、迷うようになった。

今回帰って改めて感じたことがある。

鹿児島って、凄く田舎だ。

そして思った。

だからこそ帰るべきなんじゃないのか。

鹿児島は1980年代から人口が減り続けている。

さらに年少、生産年齢人口は減少し、老年人口は増加している。

過疎の典型。衰退の一途をたどってる。

この現状を見ると、やっぱり一鹿児島県民として何かできないのかなって思う。

田舎じゃ何もできない。

田舎で人生終えたくない。

そう思ったりもする。

じゃあそういう人を減らせないか。

県外の大学に行く優秀な大学生(もちろん相対的に)が、「帰りたい」は無理でも「帰ってもいいかな」と思える場所にできないのか。

まだ大学1年だし、考えてる途中。