(*^^*)

時間はたっぷりあるので。

イキガミ 全10巻

 

 久しぶりに古本屋で立ち読みなど。

 

いや、ほんとは全然立ち読みする気はなくて

1月末までの割引券があって、買いたい漫画もあったので使おうと寄ったのだけど、

目当ての漫画がなかなか見つからず、探しているうちに

この「イキガミ」の背表紙に何となく惹き付けられ、手を伸ばしてしまった次第。

古本屋で立ち読みするときは、基本的にパラパラ読んでテーマと絵とノリ?を見るんだけど、

本作品はテーマが特に最高でしたね。

 

舞台は日本、と最初は思ってたんだけど、

あとから日本が他国として登場するので日本ではない、架空の国。使用言語は日本語。

この国では小学1年生の時に全員が特別なワクチンを接種しなければならない。

そのワクチンは1000人に1人の割合で致死性の物が混じっていて、それが当たった人は18~24歳の任意の瞬間に死んでしまう。

生きていることに心から感謝し、死んでも悔いが残らないように毎日を生きる、という名目。

 

まぁ常識的に考えてクソ制度。

そもそも実際人が死なないと生のありがたさを感じられないというのは想像力が余りにも貧しい。

でもそんな人もたぶんいるよね。

 

この制度が社会に受け入れられたこと自体が不思議だけど(受け入れられてないかもしれないけど)、そういう設定。

そして主人公は、0.001%の確率で死んでしまう可愛そうな人たちに死ぬ日の前日、死の宣告書、通称「逝き紙」を届ける配達員。

本当にやりたくないね笑

主人公は仕事柄この制度について思い悩むことも多く、不信感はどんどん膨らんでゆく。

この歪な世界で正気を保っていられるのか。

 

もちろん思想警察、レジスタンス、出てきます。

こういうのディストピアものっていうのかな?

 

結局死ぬ前の輝きは死ぬ前だからこそのものなのか。

 

ラストに関しては批判が多い。

確かに物語の進みがそれまでよりかなり早くて、やっつけ感がないこともない。

でもこれはこれで、現実的かなと。

あえて亡命という現実的な手段を用いるのが話全体を架空の話から自分たちのことに繋げる役割を果たしていると思った。

 

死んでいく1人1人の物語もかなり深いテーマがあり、改めて考えさせられることが多い良作。

 

 

血の轍(1)(2)

 

血の轍(1) (ビッグコミックス)
 

書く書くって思いながら全然書かんしそもそも新しい作品に手出さないし。

怠惰だよ

でも押見修造だけは心から読みたいと思わせてくれる

 

尊敬する押見修造の最新作

 

主人公は小学生男子

過保護のお母さん。

 

文字が少ないから読むスピードは早いんだけど、

にしても1巻はずーっと特に変わったことはおきなくて、

ただ不気味な雰囲気だけはあって

ついに1巻の最後で、お母さんの狂気が炸裂した。

 

1巻読み終わった時点で、主人公がお母さんの狂気に巻き込まれていく話であることは簡単に予想できる

 

2巻、お母さんは1巻で犯罪をするんだけど、そのことを警察にたずねられたお母さんは嘘をつく。

そして主人公もお母さんを守るために嘘をついた。

 

息子である主人公は、精神的に脆いお母さんを支えなければと思っているのか。

 

同級生の好きな女の子から告白されるが、

お母さんはそれを見てまた豹変する。

 

この展開は本当に予想通り過ぎて笑った

 

お母さんも怖いけど、主人公も主人公でなぜそこまで心を支配されているのかわからない

そこはこれから徐々に過去が紐解かれていくことでわかるのかな。

これお母さんがまともになるって未来がどうしても見えないよな...鬱展開ですね〜

 

どうでもいいけど、主人公が好きな女の子の髪型が2018年のマイベストLOVE髪型になりそうな予感(始まったばっか)(2次元卍)(つり目がちな感じも相まって)(ショートは至高)

 

ハピネスも新刊出たね

楽しみ

 

 

 

 

 

 

11月19日

11/18、25時。

 

ルギア全然つかまってくんない腹立つ。

バーチャルコンソールの銀。

昼過ぎからこの時間までやり続けてる。

ほんと廃人気質というかなんというか...

 

明日ライブだから今日はもう諦めて寝る。

11/19。

こうやって長く楽しみにしていた日付けはいつまでも記憶に残るから驚く。

10/15や5/13も然り。

楽しみだな。

その前に夜ご飯と風呂。

その前に合宿名簿作り。 

冬合宿いっぱい集まってよかった~。

 

あーでも春合宿の日程が...

萎える...

 

...まぁいいけど!

ポジティブシンキングの達人だから明日の朝は笑顔。

 

カフェ坂のベリーと紅茶のパン(うろ覚え)がめちゃくちゃ美味しかった。だけの1日。(しかしあれは本当においしかったな。)

 

米俵マラソン来週って時間経つの早すぎワロタ。仮装賞とるどころかまともに完走できるかわからん。笑

制限時間なければいいな...

今日も走ろうと思ったのに結局走らなかった...(¯―¯٥)

せっかく午後から雨は止んでたのに...

てかそもそもテニスしたいわ。

代替りしてから土曜練したの2回くらい?

さすがについてなさすぎて笑う😄

来週も対抗戦だし。

来たる12/2は2セメ初土曜練となるか。

果たして。

 

WANIMAマイヘアの新曲いいね~

特にマイヘア~

歌詞に哲学が感じられるところが好き

 

 おやすみ世界。

監獄学園(27)

 

 飽きんなー

 

最近思ってたのが、シリーズの続刊をレビューしようとするとそんなに書くことないなーってこと。

 

しかもその漫画を初めて知る人に興味を持ってほしいっての気持ちが強いから、それならシリーズものはもうレビューしなくていい、というかしない方がいいのでは?なんて。

 

リクドウ、弱ペダ、亜人、東京喰種:re、アオアシとか新刊読んだけど改めて書くようなことでもないかな。知ってる人と語り合えればいい。(亜人はレビューしてない?いずれします...。)

 

でも。でもですよ。

 

この監獄学園‐プリズンスクール‐という漫画はですよ。

 

ついついレビューしたくなっちゃうんです。

 

この面白さをできるだけ多くの人に伝えたい。

みんなに笑顔になってもらいたい。

(ただしこの漫画で笑顔になれるのは下品さを持ち合わせている人だけである。)

 

この漫画で、個人的にすごく好きなネタが1つあって、それが

「うっかりお母さん」

なんですよ。

先生とかを間違えてお母さんって呼んでしまうアレです。

みんなも小学校時代なんかによくやったよね。

 

...やったよね?

 

僕は何度もやりました

 

 

まぁやった人にしかわかんねぇか!この面白さは笑

キヨシが自分のち〇こを自分でくわえられないことを力説するシーンがどっかの巻でありました。

まぁ言ったらそれもですよ、やろうとしたことある人にしかわかんない面白さです。

ただキヨシも言っているようにこれは男のほとんどが身を以て学んでいることであると僕は信じています。

 

 

話が逸れました。

 

うっかりお母さんの話ですよ。

今回はただのうっかりお母さんじゃない。

うっかりお母さんが進化して、もはやうっかりじゃなくなって認められた第2のお母さんになってしまったんです。

ボンテージショップ巣犯王(これでスパンキングと読ませる、これが俗にいう天才ってやつ)の店長に対してリサがうっかりお母さんかましちゃうんだけど、リサがひどく傷ついてたから、

今日だけはお母さんと呼んでいいんだよ......!!

ってなる。その後成り行きでお母さんと呼び続けることになるのもめちゃくちゃ面白いんだけど、

店に行ったアンドレが、リサがお母さんって呼ぶのを聞いて実家だと勘違いしてお母さんって呼んでブチ切れられるの

ここ本当におもしろい。

そのあとのアンドレ

わからないんだ・・この

心が温かくなるようでいて

少し切ないこの・・感情が!!

一体何なんだ!?

しかし決して不快な気持ちでは・・

こっからのくだりマジでおもしろすぎ。

もちろんこれだけじゃない。

 

私の乳首は私のもんだ(TKB・BBA)

男なら・・・・止めるでゴザル

ドクン (PBRで川下り)

車内に汁をぶちまけないでください!

マゾの宅急便

 

今読み返してみたらアンドレが奴隷として戻ってきたと思ったリサの

ダメだ~ニヤけてしまう~

とかも地味におもしろいし、もうエキスがつまりすぎて...はぁ。

 

監獄学園は毎回こんな感じではあるんだけど本巻は上位に食い込むな~

若干ハートフルストーリー混じってくるところがギャグをより引き立たせる役割を果たしてて良い。

 

今読み返してみたらキヨシは花さんがいたところとほとんど同じ場所で車に乗ったにも関わらず徒歩の花さんが先にBBQ会場についてることに気づいてまた笑ってる。

 

次巻2018年春!

いや待ちきれんわ!

 

 

この漫画、笑いたい人にオススメです。

1/11 じゅういちぶんのいち(1)~(9)

 1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

8巻までよんだことあったんかな?

雨で練習がなくなったので、初めての最終9巻含め1巻から読ませていただきました。

 

この作品は、「安藤ソラ」と彼の周りの人々の人生の物語で、1/11というのはサッカーをする上でソラが大切にしている考え方だ。

 

何かスッキリしない学生生活を送っていた安藤ソラ。しかし幼い頃の友達「ツヨシ」と偶然再会したことで彼は変わっていく。だがなんと、ツヨシはすでに故人であることが判明。ツヨシへの感謝の思いは、その後ソラの原動力となっていく。

 

率直に神漫画

伝えたいことの質的には小説の形をとる方が個人的に好みではあるんだけども、題材がサッカーなので、漫画だと動きが見えていいよね。

 

予備校時代読んだときもかなり強く心に残ったし、今回も涙がにじんでしまった。

よくこんな話思いつくなぁ...

やっぱプロはすげぇ。

 

 

ぐらんぶる(8)(9)

ぐらんぶる(9) (アフタヌーンコミックス)

 伊織がバイト始めました!

バイト先には以前学園祭で頭から水ぶっかけたビッチが。

いじめられながらも楽しそうな日々。

ケバ子も千紗も心が曇る。

 

 

恋愛要素強くなってきて、これまでよりはおもしろくないなー...

まぁいい話なんだけど、

いい話にしてはインパクトないかなぁ

 

ただただ伊織がめっちゃ良い奴って話

 

ケバ子がついに本格的に動き出したけど伊織は鈍感だから結局進展無しっていう展開だろうな

 

なんか新展開欲しいところ

 

 

 

 

亜人ちゃんは語りたい(1)~(5)

亜人ちゃんは語りたい(1)〜(5)/ぺトス

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス)

 あったまるぅ

 

しっかり科学的な目線で亜人(デミヒューマン)たちを見つつも、

最終的には一人ひとりの個性を尊重する高橋先生、

かっこいいよー。

 

亜人のスピンオフ作品なんだと読む前は勝手に思ってたのですが、全然違いました。

本当に無関係。

亜人(デミヒューマン)と呼ばれる、ヴァンパイア、雪女、サキュバスデュラハン(首と胴体が分離する)などがでてきます。

彼女たちは体が普通じゃないだけで

 

普通の高校生。

 

ついつい知的好奇心から生徒や患者を研究対象として見てしまうこともあるけれど、

決して相手が不快になる領域まではいかないよう配慮できていて

絶妙な距離感と、専門的知識と寛大な心が生み出す包容力、

 

高橋先生からは学ぶことが多いなぁ。