読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(*^^*)

時間はたっぷりあるので。

ホリミヤ(8)

ホリミヤ(8)/HERO・萩原ダイスケ

ホリミヤ(8) (Gファンタジーコミックス)

体育祭。

宮村くんにとってこれまでの体育祭は、全く楽しい思い出はない。

でも、今年の体育祭は。

応援する人がいる。応援してくれる人がいる。

宮村くんにとって、「最初で最後の体育祭」になったのだった。

 

話は変わり、中学のときに宮村くんをいじめていた谷原くんが、今になって後悔を感じ始める。

いじめている方も、怖かった。一人になるのが怖かった。

谷原くんが宮村くんの店に現れる。宮村くんも苦い過去を乗り越えようとする。今は無理でも、いつか、友だちになれるといいな。

 

ま、いじめられてる方にしたらなんて勝手な奴だって感じだろうけどな。

さすがに宮村くんの人がよすぎる。

でも漫画でだけでも理想を語らせてくれ

 

リクドウ(10)

リクドウ(10)/松原利光

リクドウ 10 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

三原さぁぁん!!!!!!!

リクの先輩である三原さんが柳に敗北。

さらに三原は再起不能のケガを負ってしまった...

 

 

試合途中で左目が見えなくなった三原に対して審判が指が何本か言わせたときに、本当は見えていなかった三原だったが、三原の続けたい意思を汲んで、リクが右目の視界に入る観客席で審判と同じ本数の指を見せて教えた。

リクが手術後の三原の部屋に行き、セコンドが後悔を口にしたとき、三原がスマホに打った言葉。

「あやまったら殺す」

 

リクは三原の分も勝っていくことを誓う。

 

場面は変わってリクと苗代は高校を卒業。

同時に施設を出て2人で社宅で暮らすことになる。

初夜。

何もなし笑

リクにはまだ女性恐怖症があるみたい。

 

また場面は変わり、所沢京介がヤクザから足を洗うことを組長に告げる。

組長が提示した条件は、利き手の指5本を切ること。

スパッと切ろうとする京介。

しかし、なぜか切れない。

黙っていた組長が声をかける。

「命より大事なモンだからだろ」

京介は自分がまだ情熱を捨てきれないこと、そしてリクから言われた

「所沢さんのような拳が欲しいんです」

という言葉を忘れられずにいることを認識し、ヤクザを抜けさせてもらうことができた。

 

最後にはおもしろそうな新キャラも登場し、ますます盛り上がっていくであろうリクドウ、目が離せない。

 

ホリミヤ(7)

ホリミヤ(7)/HERO・萩原ダイスケ

ホリミヤ(7) (Gファンタジーコミックス)

新キャラ、柳くん登場。

由紀に告白するけど、由紀は全然知らない人だったのでフります。彼氏のフリをした透を連れて。普段感情を隠している由紀も、ちょっとドキドキ。

柳くんは超絶イケメンだけど、由紀は庶民派なので関係ないらしい。透は敗北感に苛まれる笑

 

宮村くんのS行為に喜ぶ堀さん。変な性癖だなぁ...

そしてそして、やきもちの話。

あんまりヤキモチを焼かない宮村くんでしたが、他の男にブレザーを貸してもらった堀さんにヤキモチ。堀さんは喜ぶのでした。めでたしめでたし。

 

この手の漫画は読んでて頭使わないしレビューも書きやすい(笑)

 

エンバンメイズ(3)

エンバンメイズ(3)/田中一行

エンバンメイズ(3) (アフタヌーンコミックス)

ダーツマンガ。

これ好きなんだけど、わかってもらえなかった経験あり。笑

まぁ、個人の好みはいろいろあるね笑

主人公烏丸徨はもちろんダーツの天才だけど、それはもうこの物語では当たり前で、出てくるライバル達みんなが1回で20のトリプル60×3本の180は基本的に取れる。

ただ、烏丸は駆け引きの上手さが群を抜いていて、“迷路の悪魔”と呼ばれている。

一見有利に見える相手も、いつの間にか烏丸の迷路に入れられているのだ。

今回は精神的に強固なペアを相手にしたタッグマッチだったが、烏丸の仕事仲介役であり、試合ではタッグを組んだ絹森の働きによって勝利を手にした。

頭の狂ったギャンブルの世界。

立ち入れない世界を味わえるから、漫画は面白い。

 

ホリミヤ(6)

ホリミヤ(6)/HERO・萩原ダイスケ

ホリミヤ(6) (Gファンタジーコミックス)

透を巡って由紀と河野さんがそれぞれ行動を起こす

透...罪作りよのぉ~~...

 

サクラ? ああ 好きだよ

これは言われたらそりゃやばいよなぁ笑

 

宮村君、生きててほんとによかったじゃん。

「俺のために怒ってくれる人が 側にいる」

くぅっ!!!!

 

ラストは堀さんと宮村くんが喧嘩。

と言っても宮村くんは全然怒ってないけど、堀さんが悪いのに謝らないから。

結局宮村くんが歩み寄って仲直り。

オトナだなぁ

いつまでほのぼのするんじゃ(笑)

ダーウィンズゲーム(11)

ダーウィンズゲーム(11)/FLIPFLOPs

ダーウィンズゲーム 11 (少年チャンピオン・コミックス)

物凄い展開。

「シギル」と呼ばれる能力を与えられて無理やり戦わされるダーウィンズゲームに巻きこまれた

主人公、スドウカナメ。

頭が切れる上に鍛えて身体能力も上がったカナメは今はDゲームで最も注目されているプレイヤーになった。

今回のイベントでは見知らぬ島に転送されたのだが、なぜかそこにあるはずのないシブヤのモヤイ像が。

謎が深まる中、「ドウメ」と呼ばれる化け物が出現。カナメと、仲間になったオージは突然現れた侍と共闘しかろうじて危機を回避する。

謎の侍はDゲームのプレイヤーではなかった。侍が言うには、侍がいる村の住民の先祖がこの島に邑(クニ)(侍のいる村)を作ったのは200年ほど前で、この島に逃げられなかった人間はみな死んだらしい。地下に渋谷駅も残っており信憑性も深まる。

Dゲームでタイムスリップをしたのか...?

事態を飲み込めないまま、侍の邑についたカナメとオージ。

そこでは巫女が2人を待っていた。

「遠い異国より神に遣わされし方々よ

どうか我らの邑ー 日本邑を滅びよりお救いください」

マジで ?!?!?! である

本当にタイムスリップしたのか、それともよくできた芝居なのか...

 

このイベントでのライバルであるカネヒラは、同時に2箇所に存在するなどまだ底が知れない。

カネヒラの部下がした村人殺しの疑いもかけられ、歯がゆいことが続く。

カネヒラの思惑通りに事が進んでいるが大丈夫かカナメ!

クランの仲間もいないしオージに活躍してほしいところ。

 

 

ホリミヤ(5)

ホリミヤ(5)/HERO・萩原ダイスケ

ホリミヤ(5) (Gファンタジーコミックス)

もうここらへんはただのノロケ。笑

堀さんのことが好きな沢田さんが出てくるくらいか。

ここから引越しやら病気やらの2人をわかつイベントが必ずと言っていいほど起こるのが恋愛マンガ。

ホリミヤはどうなるのかな〜♪